メンズ脱毛

メンズ脱毛の期間を種類別に完全網羅!早く終わらせる方法まで解説

細身シロアキ
細身シロアキ
どうも!現在Dr.COBA(ドクターコバ)にてひげ脱毛中の細身シロアキです!

この記事を見ているあなたは、

  • 出来るだけ早く脱毛を終わらせたい
  • 脱毛って終わるまでどのくらいかかるんだろう?

このように考えていませんか?

わかります。もうサクッとツルツルにして欲しいですよね。

結論から言うと、部位、毛の量、脱毛の方法(種類)あなたがどこまで毛を無くしたいかによって期間は変わります。

ツルツルがいいのか。ある程度減ればいいのか。あなたはどう毛をデザインしたいですか?

この記事では、

  • 毛をどこまで減らしたかによって分けた脱毛の期間
  • 脱毛にある程度期間が必要な理由
  • もっとも早くツルツルに脱毛する方法

などがわかります。

正しい知識でできる限り安く早く脱毛を行いましょうね。

それではどうぞ!

脱毛の期間は脱毛の種類によって変わります

脱毛の期間は脱毛の部位・現在の毛の量、脱毛の方法によって変わりますが、ざっくり言うと、1~2年かかります。

「どうして1~2年もかかるのか?」というと、脱毛は毛周期という毛の生えてくるスパンに合わせて脱毛を行わないと効果が得られないからです。

毛周期ってなに?

毛周期とは、毛が生まれてから、表面に出てきて、抜け落ちるまでのサイクルのことです。

毛周期は主に「成長期」「退行期」「休止期」の3つのフェーズに分かれていて、同じ部位でも成長期の毛もあれば、休止期にいる毛もあります。

いま表面に見えている毛は全体の20~30%と言われています。

実は目に見えてない毛が皮膚の下にいっぱいあるんですよ。なんだか少し気持ち悪いですね。笑

毛周期は部位によって違い、個人差はあるのですが、だいたいこのような期間となっています。


引用:https://datumou-derella.jp/haircycle/

様々なクリニックやサロンで、だいたい「2ヶ月おきに来てください」と言われるのは、この毛周期から計算して、現在成長期にいる毛を脱毛してから約二ヶ月で、休止期の毛が成長期となって表面に現れてくるためです。

このような毛周期に合わせて脱毛を行うため、どうしても1~2年の期間はかかってしまうんですね。

この毛周期に合わせて、そもそも脱毛したい場所はどこか?そこにどのくらい毛が生えていて、その毛をどのくらい無くしたいのか?によって脱毛の機材や種類が変わってきます。

脱毛の種類は大きく「医療レーザー脱毛」「光脱毛(フラッシュ脱毛)」「針脱毛(ニードル脱毛・電気脱毛)」の3種類に分かれます。

どの脱毛が良いかはこれからじっくり見ていきましょう。

脱毛の期間を体の部位と種類ごとに比べてみた

脱毛の期間はまず体の部位によって違うのですが、男性の場合ひげとひげ以外で大きく変わります。

ひげは他の毛と比べた時に一本一本濃くて、硬く、密度も高いですよね。

なので他の体の部位よりも時間がかかります。

また、どのくらい毛を減らしたいかによって機材も変わってきます。

  • ある程度生えている毛を永久脱毛したい→レーザー(医療)脱毛
  • 一時的に毛を減らす・細くする→光(フラッシュ・サロン)脱毛
  • すでに薄い毛をツルツルにしたい→針(ニードル)脱毛

こういった機材の違い・特徴を踏まえた上で部位別に見ていきましょう!

ひげの脱毛をしたい方

  レーザー脱毛 光(フラッシュ)脱毛 針(ニードル)脱毛
ほぼツルツル 10~20回(1年半~2年半) 減毛のみ、不可能 5~6回(1年)
50%~70%完了
(効果が感じれる位)
5~10回(半年~1年半) 10~15回(一時的な減毛、半年~2年) 3~5回 (半年~1年半)
痛み そこそこ痛い あまり痛くない かなり痛い

光脱毛の場合一時的な減毛なので、「ほぼツルツル」という状態をずっと保つことは出来ません。

「効果が出てきたという実感を感じれるまでの期間がある程度かかる」という脱毛の仕方になります。

ひげの場合は、レーザー脱毛など、出力の強い機材を使っても、ツルツルにしたいと思うと最低でも10回は必要になってくるので、長いスパンを見て脱毛を考えましょう。

VIOの脱毛をしたい方

  レーザー脱毛 光(フラッシュ)脱毛 針(ニードル)脱毛
ほぼツルツル 6~15回(1年~2年半) 減毛のみ、不可能 5~6回(1年)
50%~70%完了
(効果が感じれる位)
5~10回(半年~1年半) 6~15回(一時的な減毛、半年~2年) 3~5回 (半年~1年半)

VIOはひげほど密度はないものの、他の毛と比べて濃くてモジャモジャですよね。

期間としてはひげより多少早く終わるっていう感じです。

VIOもかなり個人差がでる部分なので現在の毛の量で期間は変わります。

ひげ・VIO以外のボディパーツ(腕・足・胸などなど)の脱毛をしたい方

  レーザー脱毛 光(フラッシュ)脱毛 針(ニードル)脱毛
ほぼツルツル 5~10回(半年~1年半) 減毛のみ、不可能 5~6回(1年)
50%~70%完了
(効果が感じれる位)
3~6回(半年~1年半) 5~10回(一時的な減毛、半年~1年半) 3~5回(半年~1年半)

ひげと比べれば細く、密度もないので全体的にひげよりも少ない回数でも効果を実感しやすいです。

特に濃い毛なんかは1回でもしばらく生えてこない期間があるので、脱毛やっていて楽しくなります。笑

ツルツルにするにはどうしたら一番早い?

「なる早でツルツルにしたい!」という方におすすめなのが、レーザー脱毛からの針(ニードル)脱毛です。

針脱毛は一本一本に電気を通して毛根を破壊するので、ほぼ確実に永久的な脱毛が出来ることがメリットです。

ですが、デメリットとして、一本あたりの料金または、1時間など時間あたりの料金で計算することが多いので、料金が高くなりがち。

なので、レーザー脱毛である程度毛の量を減らし、細くなってきてレーザー脱毛での効果が見えづらくなってきてから、残りの数本を針脱毛で仕上げるというのが、もっとも早く確実に脱毛する方法となります。

ひげなら医療脱毛10~15回+針脱毛2~3回で2~3年などがイメージで、ひげ以外なら医療脱毛5~6回+針脱毛1~2回の1年〜1年半でほぼツルツルの肌が出来上がります。

費用は多少かさむかもしれませんが、完全にツルツルを目指す方にとってもっとも早く終わらせられる方法ですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

脱毛は毛周期に沿って行うので、特別に早く終わらせる方法などは正直ありません。

ある程度生えている毛を完全にツルツルにするのに一番早く終わらせる方法はレーザーからの針脱毛で、それ以外は現在生えている毛をどこまで脱毛したいかによって決めましょうね。

  • ある程度生えている毛を永久脱毛したい→レーザー(医療)脱毛
  • 一時的に毛を減らす・細くする→光(フラッシュ・サロン)脱毛
  • すでに薄い毛をツルツルにしたい→針(ニードル)脱毛

ひげを脱毛したい方はこちらからおすすめのクリニックとサロンを紹介しています。

あわせて読みたい
東京でヒゲ脱毛が「とにかく安い」おすすめサロン&クリニックTOP7 この記事にたどり着いた方は 「髭脱毛ってどれくらいお金がかかるの?」 「髭脱毛したいんだけどなるべく費用を抑えたいなぁ」 ...