メンズ脱毛

毛深い男は気持ち悪い?僕の体毛遍歴と現在

上半身脱毛アツシ
上半身脱毛アツシ
どうも!上半身脱毛アツシです!

「毛深い男って気持ち悪いのかな?」
「俺、毛深いから周りからどう思われているんだろう…」

なんて不安に思ったことないですか?

僕は、小学5年生の時から脇毛が生え出して、中学1年生の時には陰毛が生え出して、高校時にがっつりヒゲが生え出した、まさに早熟の毛人間です。

いつも周りから
「まじで毛深いね…」
「毛が濃くて気持ち悪いんだけど…」

みたいな悪口を言われていました。

そんな僕みたいに悩んでいる人、不安に思っている人に向けて今回は、毛深い人はとても魅力的なんだ!というような勇気を与えられる記事を書きたいと思っています。

僕の体毛の歴史とともに、当時の心境を交えながら伝えていきたいと思います。

今では、毛もすっきりなくなって自信を持って生活できているので現在どのようなことをやっているのかも伝えていきたいと思います。

それでは、参ります。

僕の体毛の歴史

小学生 5年生になって脇毛が生える
中学生 陰毛、ギャランドゥが発達して繋がる
高校生 ヒゲが伸びてあだ名が「どろぼう」
大学生 胸毛も順調に生えて首ひげと繋がる
社会人 毎日の毛の処理で肌が荒れだし、最悪のサイクルへ

自分の体毛の歴史を振り返るだけで、どんだけ早く育ってるんだよ!ってツッコミを入れてたくなります。

毛深いあなたにはこの辛い気持ちわかってもらえるでしょうが、毎日がすごく苦痛で学校にいきたくない日なんて山ほどありました。

でもすごく両親が厳しかったので毎日学校に行かされて、学校はあまりいい思い出はありません…

当時の鮮烈な過去


転載先:https://news.yahoo.co.jp/

小学生の頃から異常に毛が濃かった僕は、5年生の時に「ゴリラ」というあだ名がつけられました。

自分でなんでゴリラとつけられたのかさえ、わかっていなかった自分は

「いや、ゴリラじゃねーから!」l

って言って周りを笑わせていたのですが、毎日ゴリラと呼ばれるようになると、自分がなんでゴリラって呼ばれてるんだ?とふと考えることが多くなります。

そこでやっと

「俺って人より毛が濃いからゴリラってよばれるんだ…」と思うようになり、自覚をし始めました。

中学生にあげると、僕も思春期になり、肌を常に隠すようになっていました。

特にプールの時間とかはもう、、最悪です。

中1の頃から脇毛がボーボーに生えていた僕は、プールの時間の前のラジオ体操でいかに脇をみんなにみられないかを考えて体操していました。

逆に体操が不自然すぎて、友達にすぐばれましたけどね…

大学生になると、彼女ができ、付き合って2ヶ月で初めての夜の体験をしましたが、

その時彼女に言われた一言が衝撃的にで今でもトラウマです。

「一回、毛を剃ってから肌に触れてくれない?それだけはお願い」って言われたんです。

懇願ですよ。懇願、、

それをきっかけにすぐ彼女とは別れました。

 社会人になって

徐々に毛深い自分に、「これが俺なんだ、しょうがない」って納得しながら生活するようになってきました。

社会人になり、友達と合コンが決まったその夜ふとみたサイトで僕の人生の分岐点が訪れます。

女子が気持ち悪いと思う男性のポイント
「ムダ毛が多い男性はまじで無理!」
「その中でも胸毛、脇毛、乳首の周りとかに毛がある人とかまじで気持ち悪い」
「毛が多い人とか生理的にムリ」

という毛深い男性に対するコメントがめちゃくちゃあったのです。

「これはまじでヤバイ…」

ずっとこれまで抱えてた悩みが一気に吹き出したのです。

そしてどんな手段を使ってでも、毛を無くさないと!とその夜、決意しました。

そこでとった行動が「脱毛をすること」でした。

26歳になって脱毛デビュー

様々なサイトや記事を読み漁り、自分にあったサロンやクリニックを探しました。
そこで選んだのが、湘南美容クリニックになります。

湘南美容クリニックは、大手の医療機関で脱毛の設備が他の会社とは違って充実しています。

そして、全国の湘南美容クリニックで施術が受けられるので急な出張などでもしっかりと脱毛が可能です。

価格も「胸」「脇」6回コースで8万1000円ですごくお得です。

脱毛クリニックへ行って変わったこと


脱毛クリニックへ行って

  • 自信を持って裸になれるようになった
  • 毎日の面倒な毛の処理の時間がなくなった
  • トラウマが一気になくなった

などが変わったことです。

もちろん、毛がなくなったことはすごく嬉しく開放的になり幸せを感じます。

それだけでなく、心がすごく満たされている気持ちになりました。

今まで毛で周りからいじられたらり、女性から悪口を言われたりといろんなことがありました。

その度に、心が苦しくなったり、せつない気持ちになったりしていましたが、今は全くありません。

むしろ、毎日がすごく楽しくて、自信を持って生活できるようになっています。

あなたも少し勇気を出して脱毛しよう!

あなたにもこの思いを体験してほしいし、僕と同じように毛に関して悪口を言われたりしている人も多いはずです。

毛深いというのは、生まれつきなのでしょうがないです。

そこで自分がどう行動するのかが大事になります。

あなたも少し勇気を出して、脱毛を選んでもいいのではないでしょうか。

この記事を読んでいただいたあなたに、少しでも勇気を与えられたら嬉しいです。